スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

数字的には意外と厳しい?龍崖山 

ヤマノススメの原作コミック7巻であおいやひなた、登山部の部長と共にトレイルランを敢行する舞台となった龍崖山(りゅうがいさん) 標高246m まだ訪れた事がなかったので登ってみた。しかし当日は彼岸を過ぎたにも係わらず真夏日の気温の中で天覧山→多峯主山→天覧山と低山ながらも距離を歩いていたので少し足に疲れが残っていたが・・・
ryugaisan12.jpg
富士登山トレーニングでの体力作りの一環でひなたに引きこまれトレイルランをする羽目に・・・


ryugaisan14.jpg
という訳でして知り合いのともぞうさんに案内して頂いて龍崖山に行って来ました。この登山道入口は八耳堂の手前50mくらいにある道路沿いにあります。


ryugaisan13.jpg
私たちが歩いたコースとしてはタイムズマート→観音寺→旧図書館→飯能河原→セカンドシーズン#7 吾妻峡へ向かう道を辿って八耳堂手前の女坂コース入口と片道2.5km 約30分の距離。


ryugaisan0.jpg
Yahoo!地図の計測に依ると女坂コース入口の道路で標高115m、龍崖山の頂上が標高246mなので標高差は約131m、タイムズマート→天覧山頂上の標高差 約80mを考えると意外と標高差があります。


ryugaisan1.jpg
女坂コース入口を少し入って振り返る。しばらく行くと上の画像の木彫の龍が置いてある女坂・男坂の分岐点へ。男坂は登山道というより崖を登る直通コースという感じ。今回は道が比較的しっかりとした女坂コースを登ります。


ryugaisan4.jpg
頂上に向かう途中、このようなマンガン採掘の坑道跡がそこかしこに・・・


ryugaisan5.jpg
説明文はコチラ


ryugaisan3.jpg
このようなつづら折りや階段もあり、勾配の割に砂利が浮いていたり結構滑るのでしっかりとした靴が望ましい。


ryugaisan2.jpg
標高差の割に登山道の全長が短いのでかなりの勾配が続きます。


ryugaisan6.jpg
入口から写真を撮ったり山栗を拾ったりしながら登って約30分ほどで頂上到着です。


ryugaisan7.jpg
手作りっぽい山標があります。天覧山や多峯主山と比べて待遇が・・・w


ryugaisan9.jpg
山頂からは天覧山、多峯主山同様に見晴らしが大変に良く、北側の向かいには多峯主山。龍崖山と多峯主山の間にある谷が吾妻峡で丁度ドレミファ橋があるという位置関係になります。


ryugaisan8.jpg
東側のかなり下に天覧山の展望台が見えます。(20倍ズームで撮影してトリミングしてみました)


ryugaisan10.jpg
ゆっくりしていたらかなり日も落ちてきたので本日はここまで。西側の秩父方面を撮影


ryugaisan11.jpg
あおいやひなた、部長のトレイルランはこの先にある龍崖山公園まで走るんですよ (^_^;)


ryugaisan15.jpg
ちなみにコチラがコミック7巻にあったゴールの龍崖山公園です、公園内の最下点に出てきます。公園全景画像の左側に見える山から出てきた場所がゴール地点。


ryugaisan17.jpg
龍崖山公園入口


ryugaisan16.jpg
龍崖山公園全景、公園は棚田のような構造で段々になっています。施設は綺麗なトイレと幼児向けの遊具がいくつかあるくらいです。 (・ω・)ノ"ヤホヤホー♪

スポンサーサイト

category: アニメ

thread: ヤマノススメ  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: --    

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimajirou2013.blog.fc2.com/tb.php/123-c1c369f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

Twitter

リンク

プロフィール

しまじろうに連絡

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。